【pairs体験談】21歳JDとお気軽セックス。遊んでる子の落とし方

うっす、ハラショーだ。

たまには体験談的なのも書こうかと。

 

というのも、最近は彼女や既存の遊んでる子とのデートばかりで、新規の子にいってなかったんだよな。

 

さすがに期間が空きすぎると勘も鈍るし、この前久しぶりに新規の子と会ってセックスしてきたわ。

 

その子はJDの子なんだけどな、JDってほんと遊んでる子が多いんだよな。

今回会ってきた子も多分に漏れずそのタイプだった。

 

真剣交際には向かないかもしれんけど、遊びたいという奴にはちょうどいい相手だと思うわ。

 

今日はその時の体験談も踏まえ、遊んでる子のゲット方法をシェアするわ。

プロフィールを見て遊んでる子と予想

まずはマッチングした時の話から。

 

どっちからいいねをしたかは覚えてないが、プロフを見た瞬間に遊んでそうな子だと一瞬でわかったことはハッキリと覚えているな。

 

その子のプロフィールを見ると

  • 顔写真は適当な感じ
  • 自己紹介文なし
  • プロフィール欄はスカスカ

と、こんな感じだったわけ。

 

まぁ少なくとも真面目に出会いを探してる子ではない、とすぐにわかったわ。

まぁ実際会った際もそんな感じだったから、俺の予想はドンピシャだったw

 

実際プロフィールがスカスカな子って、暇つぶしか遊び目的の子が多い傾向にあるのは間違いない。

 

おまけにpairsを始めとして真面目系で売ってるマッチングアプリの場合だと、そういう子にはあまりいいねが押されていないことも多いから、意外と狙い目だったりするんだよな。

やり取りは初っ端から恋愛の話を

上記の理由から真面目な出会いを探してる子ではないと判断し、メッセージでは2ラリー目からいきなり恋愛の話へ持っていったわ。

 

ハラショー 「てか、いい人いた?笑」

JDちゃん 「んー、まぁ・・・って感じです笑」

ハラショー 「その反応だと微妙って感じやねw」

JDちゃん 「笑」

 

といった感じで、どんどん相手の恋愛状況について掘り下げていった。

 

そしたら出てくるわ出てくるわ、本音の部分が

 

JDちゃん 「アプリ始めて2日で会いました笑」

JDちゃん 「すごい可愛いって褒めてくれるんですけど、私は顔がタイプじゃなくて笑」

こんな感じで何通かやり取りして確信しました。

 

「この子絶対遊んでるな」

 

とw

デートの誘いをしたら家に来たいと言い出すw

まぁこんな感じだったので軽い感じでデートの誘いをしたらあっさりOKw

 

しかもJDちゃんのほうから家に来たいとか言い出す始末w

残念ながら俺の家には同居人がいて、搬送はできないため外でのデートへ誘導。

 

まぁこのやり取りから相当遊び慣れてる様子が垣間見れただろうw

実際に会ったらビ◯チだった

そしてとうとうご対面というわけですが、実際会ったJDちゃんはフィギュアスケートの安藤美姫似だったわ。

 

全体的に細身だけど胸は割とある感じ。

若いだけあって肌はめっちゃピチピチ笑

 

会った場所は俺のホームとも言える所だったのでよく使う居酒屋へ搬送。

そこでJDちゃんの近況など詳しく聴取w

事前のLINEのやり取りで遊んでる匂いMAXだったので、けっこうド直球でぶっこんで聞いていったわw

 

ハラショー 「アプリで何人あったん?」

JDちゃん 「んー6人くらいかなー」

ハラショー 「その中でヤッたのは?笑」

JDちゃん 「えー笑」

ハラショー 「正直に言ってみ笑」

JDちゃん 「5人かな笑」

ハラショー 「ほとんどやん笑」

JDちゃん 「笑 というか、ハラショーさんこそ絶対遊んでるでしょ!」

ハラショー 「いや、むしろ童貞だから全然遊んでないわ笑」

JDちゃん 「はい、ウソ笑」

 

まぁこんな感じでJDちゃんの本性さらけ出させつつ、程よく酔ったとこで居酒屋を後にした。

あっさりとホテル打診OK

居酒屋を出た後は駅までそう距離はないので、早めにホテル打診。

 

ハラショー 「この後どうする?このまま帰ってもいいし、他行くでもいいし」

JDちゃん 「どっちでもいいですよー。明日休みですし笑」

ハラショー 「そんじゃラブホ巡りでもするか」

JDちゃん 「ラブホ巡り笑」

 

実は居酒屋での会話で色んなラブホへ行くのが好きだと聞いていたので「ラブホ巡り」というワードを出したという経緯がある。

 

こんなザツな誘いでもあっさりOK笑

 

俺は次の日朝から仕事があったので3時間で2回戦ほど堪能してからホテルを出て別れたわ。

遊んでる子を落とすには、わかりやすいアイコンが必要

ざっくりだが、以上がJDちゃんとの出会いからホテルまでの流れ。

まぁ今回はわかりやすい子だったので割とイージーだったな。

 

pairsって割と真剣に出会いを探してる子が多いイメージだけど、中には今回のJDちゃんのように遊んでる子もそれなるにいるからなw

 

若い子と遊びたいという恋愛プレイヤーも多いと思うが、そのためには「自分も遊んでる男」だという、わかりやすいアイコンが必要なんだよ。

意味わかるか?

 

具体的に言えばファッション、トーク、振る舞いなどの部分だな。

 

特にマッチングアプリの場合だと載せてる写真から遊んでそうな雰囲気が出ていなければマッチングすらできないわけよ。

 

遊んでる女は同じく遊んでる男を好む。

自分と同じ匂いのする男に興味を抱くわけよ。

 

遊んでる子を落としたいのに、誠実な格好をしていたらダメなんだよ。

 

実際JDちゃんと会ってる時も頻繁に「遊んでそう」と言われたからな。

そんな彼女に僕の非モテ時代の写真を見せたところ

 

「あ、この写真だったらいいねしませんでしたし、会わないです笑」

 

とハッキリ言われたわ笑

 

要は遊んでる子に対して「自分と同じ側の人間ですよ」とわかりやすく伝わらないと勝負できないわけ。

 

つまり、自分を遊び人ブランディングしなければ、遊んでる子を落とせないってことだな。

まぁ俺がいつも言ってることだな。

 

どうやってブランディングしていけばわからん奴は、俺のLINE講座でしっかり勉強しといたほうがいいぞ。

 

それじゃ今回はこれまで。

じゃあな!

【期間限定】
スパルタ恋愛講座開催中

ハラショー

よう、この記事を書いたハラショーだ。

なんだお前。

いくら俺の記事が素晴らしいからって、読んだだけでモテる気になってないか?

 

当たり前だが

ブログ記事読んだくらいじゃモテるようにならねーからな。

考えが甘すぎだ。

 

だからモテないんだよ。

 

とりあえずな、お前がモテない理由を「スパルタ恋愛講座」で教えてやるから登録しておけよ。

 

言っておくが、他の同業者は絶対に教えてくれない内容を多く含んでるからな。

参加して損はないぞ。

じゃあ、よろしくな!

【無料】スパルタ恋愛講座に参加する

最新情報をチェックしよう!
>【期間限定】スパルタ恋愛講座開催中

【期間限定】スパルタ恋愛講座開催中

CTR IMG