「コミュ障は恋愛できない」はウソ。その理由とコミュ障でも上手く会話できる方法を解説

どうも、ハラショーです。

 

恋愛においてコミュニケーションが重要であることは、誰もが知ってる周知の事実だと思います。

 

かく言う僕自身もコミュニケーションが得意な方かと言われれば、決してそんなことありません。

むしろ昔は自他共に認めるほどのコミュ障だったくらいです。

というか今でさえ話してる時はしょっ中噛むし、人見知りもするしでお世辞にもコミュニケーション上手とは言えない人間です笑

 

そんな人間でもポイントさえ押さえれば人よりモテるようになり、女性に困らない生活を送れますのであまり深刻に考える必要はないんですよね。

 

実を言うと恋愛で求められるコミュニケーションは、コツさえ掴めば誰でも習得できます。

 

コミュ障でも女性からモテる理由と、その具体的な方法を教えます。

「コミュニケーションが上手い = モテる」とは限らない

まず、そもそも論としてコミュニケーション能力と恋愛でのモテ度って必ずしも比例しないんですよね。

 

周りにもいませんか?

話し上手で周りからは人気であるものの、恋愛方面はさっぱりで全然モテないという男性。

 

それもそのはず、実はモテることと話し上手はイコールにならないことがほとんどなんです。

むしろコミュケーション得意と豪語してる人ほど、ペラペラ喋りすぎて自爆してる傾向にあります。

 

コミュ障だからモてないという人の多くは「上手く話さないといけない」と思い込んでる節がありますが、まずそこが大きな勘違いでして、別に上手く話す必要なんてないんですよ。

 

実際、話し下手でもモテる人は意外と多くいるので、その辺を負い目に感じる必要は全くありません。

なので、コミュ障でも戦い方次第でいくらでもモテるようになる、という事実をまず知っておいて下さい。

「何を話すか」はコミュニケーションにおいて大して重要ではない。

コミュ障でも確かにモテますが、コミュニケーションを放棄していいわけではありません。

やはり最低限のコミュ力は必要になるので、そこから逃げてはいけないです。

 

とは言え、あまり深刻に考える必要もありません。

なぜならポイントさえ押さえれば、そこまで高いコミュ力は必要ないからです。

 

それを裏付ける有名な話しがあって、それが

メラビアンの法則です

 

知ってる人も多いと思いますが、わからない人向けに紹介すると

メラビアンの法則というのは、コミュニケーションにおいて話してる内容だけでなく、声のトーンや表情などの非言語の部分が重要だという研究結果から提唱された法則のを指す。

説明するとこんな感じですが、まぁこれだけじゃ何のこっちゃかわかりませんよねw

 

ざっくりわかりやすい図で説明するならこんな感じです。

メラビアンの法則

言語情報(話の内容):7%
聴覚情報(声のトーンや話の早さなど聴覚部分):38%
視覚情報(見た目、表情、しぐさなど視覚部分):55%

 

上記のとおりコミュニケーションにおいて、何を話すかの言語部分(バーバル)よりも非言語(ノンバーバル)の部分が重要ってわけです。

 

特に恋愛では何を話すかより、どう話すか、誰が話すかでほぼ結果が決まります。

つまり

誰が話すか(視覚情報)>> どう話すか(聴覚情報)> 何を話すか(言語情報)

という順で優先順位が決まってるわけです。

 

これってある意味チャンスでもあるんですよ。

コミュ障の人がバーバル(言語)だけでモテるようになるのは厳しいですが、ノンバーバル(非言語)の部分は努力次第で割とすぐに変えられますから。

 

なので先にノンバーバルから改善するのが鉄則になってきます。

一番最初に「見た目」を変えることで好循環が生まれる

ノンバーバルの改善で真っ先にやるべきなのが「見た目の改善」ですね。

というか、ここを真っ先に変えないといくらコミュニケーションが上手く取れても、恋愛対象として見られずただの「いい人」で終わってしまうんですよね。

 

先ほどコミュニケーション能力とモテ度が比例しないという話をしましたが、その主な要因が「見た目」なんです。

我々男性陣が見た目で女性に興味を持つのと同様で、女性側も見た目でまず男を判断します。

ここで足切りされら他の部分がいくら良くても挽回は不可能なわけで。

 

だからこそ見た目のレベルを合格ラインまで上げないと、コミュニケーション云々の前に足切りされて土俵にすら上がれません。永遠に「いい人止まり」です。

 

ですが、逆を言えば見た目を改善することで会話する前から興味を持ってもらえることも増えて、以降のコミュニケーションが優位に進められることが多くなります。

 

さらに見た目を変えることの副次効果として、自分に自信も持てるようになるという点も挙げられますね。

自信がつくことでコミュニケーションに拍車がかかって好循環を生むケースが意外とあるんですよね。

 

先に見た目を変えることで自分の限界点を超えられるってことです。

見た目の具体的な変え方については、以前に別の記事で紹介してるので参考にしてみてください。

関連記事

[adcode] いきなりだが、お前はイケメンか?   俺はぶっちゃけ、全くもってイケメンではない。 むしろ某ブサイクお笑い芸人に似てると言われたこともくらいだw これだけでもお察しレベルであることがわかるだろうw &[…]

上手く会話できなくても、堂々としてれば上手くいく

今度は視覚情報の中のしぐさや態度に関する部分のことですね。

こちらもコミュニケーションにおいてはかなり重要なファクターになってきます。

 

例えばいくら上手く話できていたとしても、おどおどしながら話をしても当然ながらモテませんよね笑

むしろ上手く話をするよりも態度が重要になってくるわけです。

 

女の子と上手く会話できないって人が多いですが、実は気持ちの面で負けてしまってることがほとんどだったりします。

だからこそ会話内容うんぬん以前に、話す際の態度

まずは基本、相手の目を見て話せ。

これは絶対ですね。

目を見て話せない人は女性からすると弱々しく見えて、恋愛対象外フォルダ行きです。

 

とは言ってもガチのコミュ障の人からすると、そこが鬼門になってりするんですよね笑

慣れてしまえば何てことありませんが、どうしても難しければ眉間を見ながら会話してみるとチャレンジしやすくなるのでオススメです。

リアクションを大きくする

しゃべれなくてもいいので、リアクションだけは大きくするようにしましょう。

ぶっちゃけリアクションがでかいだけでも会話が続くことも結構ありますw

 

逆にリアクションがあまりない人は女の子からしたら、話しをあまり聞いてないように受け取れれたりして結構マイナスがでかいです。

反応が薄いのは恋愛ではNGです。

 

なので、とにかくリアクションは気持ち大きめでいきましょう。大げさすぎるくらいが丁度いいです。

テンションを上げる

これもリアクションに近いものがありますが、テンションを上げることで自然と声量も大きくなるので、デートの際はテンションを上げることを意識しましょう。

僕の学生時代なんかはまともに女子と話せないくらいコミュ障でしたが、リアクションとテンションを意識するようになってからは女性とのコミュニケーションがだいぶ上手く取れるようになったくらいです。

話すスピードは気持ちゆっくりめに

コミュ障の人は話す際、早口でしゃべる傾向にあるので気持ちゆっくりめに話すことが重要です。

 

モテる男のほとんどがゆっくり話しますし、逆に早口の人でモテる人はほとんどいません。

どうしても早口の人は、非モテ臭が出てしまいますからね・・・

 

ゆっくりと話すだけでも相手の受け取り方が全く変わってきますので意識してみてください。

相手が話してる時は相槌をうつ

相手が話してる際にただ黙って聞いてるだけでは、相手からしたら本当に自分の話しを聞いてるのか不安になります。

なので女の子が何か話しをしてる時は適度に相槌を打ちましょう。

相槌を打つ際も少々オーバー気味に行うのが丁度いいです。

共感する

相槌を打つのと同時に「共感する」ことも意識して行いましょう。

  • 「あ、それめっちゃわかる!」
  • 「だよな!」

これらのワードを織り交ぜながら聞くと、女の子側も自分のことをわかってくれてると感じますので、距離を詰めやすくなります。

沈黙を恐れない

コミュケーションが得意でない人にとって、ある意味一番恐ろしいのは沈黙が続くことですよね。

でも沈黙を恐れてあれこれ話しをして、無理に繋げようとすると大抵失敗するので止めておいたほうが無難です。

対策としては、先ほど挙げたリアクションを大きくすることで女の子の方から話題を引き出せることも多いので、そこをまず意識しましょう。

 

どうしても話題がなくなってしまった場合は、状況指摘が役に立ちます。

例えば

  • 「さっき通った店員さん、めっちゃイケメンじゃなかった?」
  • 「このカップの取っ手、ロバの耳みたいな形してへん?w」
  • 「というか、天気良すぎてさっきからめっちゃ眩しいんやけどw」

みたいな感じで、その場の状況を共有する具合で話すのも一つ話題となります。

 

仮に沈黙になったとしても、堂々としてることが重要ですね。

動作はゆっくりと

話すスピードと同様に、動作のスピードもノンバーバルでは重要な要素になります。

せかせか動いたり、早歩きをすると頼りなく映るので、動作は気持ち遅めに行うと丁度いいです。

モテる人はほぼ例外なく動作がゆっくりですからね。

話題がないと言う人の対処法

コミュ障だと実際デートの時に何を話したらいいかわからないことも多いと思います。

 

そんな人のための解決策は超単純で

 

相手に質問する

 

だけでOKですw

 

よく何を話していいかわからないから自分の話ばかりする人多いですが、完全に逆効果です。

 

下手に話しまくって自爆するくらいなら、相手のことを色々聞いたほうが成功率が高まります。



とは言え、ただ闇雲に質問責めをすればいいというわけでもないです。

下記で質問する際のコツを紹介します。

質問する際は「掘り下げ」を意識する

これが重要になります。

 

掘り下げと言っても何のこっちゃかわからないと思うので、下記でNG例とOK例をあげて説明しますね。

まずはNG例から。

質問の仕方NG例

男 「仕事は何してるの?」

女 「銀行員だよー」

男 「休みの日は何してるの?」

女 「買い物が多いかな〜」

男 「そうなんだ!好きな食べ物とかある?」

女 「えーっと・・・」

ベタな 例えですが、これではただの尋問です笑

質問内容が矢つぎ早に変わるので話が掘り下げられず、会話が全く盛り上がらないこと間違いありません笑

 

なので、正しい質問の仕方としては下記のように同じ話題を掘り下げながら行うのが基本です。

質問の仕方OK例

男 「休みの日は何してるん?」

女 「旅行とかしてる!」

男 「マジか!最近だとどこ行ったん?」

女 「この前オーストラリア行ったよ!」

男 「オーストラリアいいね!オーストラリアだと、やっぱ海とか行くもんなん?」

女 「うん、○○ビーチで遊んできた!」

 

これが話しの掘り下げ型一例です。

こんな感じで一つの話題に対して、どんどん深掘りしていきながら質問していきます。

最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば楽です。

 

コツとしては「5W1H」を意識すること。

つまり

  • Who(だれと)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • What(なにを)
  • Why(なんで)
  • How(どのように)

 

を常に意識しながら質問を展開していくって感じですね。

これも慣れてしまえば特に考えずとも、スラッと質問が浮かんでくるので楽に話を進められますよ!

相手のことを知ろう、という気持ちが重要

で、質問をする際に必要なのが「相手のことを知ろう」というマインドセットですね。

 

コミュ障の人の傾向として「何とか話をしなきゃ」「何か聞かなきゃ」という方向に気持ちが向きすぎる傾向にあります。

要はベクトルが自分の方ばかりに向いてるってことです。

 

そうではなく「相手のことをもっと知ろう」とか「相手のことを楽しませよう」とか、気持ちを相手の方にベクトルを向けましょう、ってことです。

このマインドセットを持つのと持たないのとでは、相手の受け取り方も大きく変わってきますし、結果に雲泥の差が出ますからね。

 

特に最初のうちは上手く話しをしよう、という気持ちが先行して相手のことを考える余裕がなかったりするので、以外と落とし穴なんですよね。

なので「何とか話しをしなきゃ」ではなく、相手のことに興味を持つことが重要なマインドセットになるわけです。

最終的には恋愛の話しに持っていこう

当然女性とデートするのは最終的には付き合うなり、セックスするなりのゴールがあるからするわけですよね。

であるならば仲良くなるだけでなく、しっかり男として認識してもらう必要があります。

そのてっとり早い手段が「恋愛の話をする」ことです。

  • どんな人がタイプ?
  • 芸能人で言えば誰がタイプ?
  • 彼氏とデート行くならどこ行きたい?

最初は上記のような軽めの恋愛話しから始めるのがコツです。

女の子側も自身の恋愛話しではないので、警戒心なく話せるのでおすすめです。

 

ある程度アイスブレイクできたら徐々にディープな話題に持っていきます。

  • どのくらい彼氏いない?
  • 今まで一番長く付き合ったのはどのくらい?
  • なんで前彼と別れた?

といった感じで女性に恋愛話をどんどんさせることで、徐々に恋愛モードに切り替わってきます。

 

とは言え、恋愛話はいきなりもっていくのではなく、別の話題である程度盛り上がってから行うのがマストです。

いきなり「最近いつヤッたの?」とか聞いてはいけませんw

 

順番としては

仕事の話→趣味の話→恋愛の話

という順で持っていくとスムーズに会話が移行できるので、意識してみてください。

自分が詳しくない話題になった時の対処法

話をしてるとあまり知見のない内容の話題になることがしばしば発生すると思います。

ある程度コミュニケーションに慣れてる人であればわかってるフリをして上手く流すこともできますが、コミュ障の人がやると不自然な感じになって、話を聞いてないと思われてしまうリスクもあるんですよね。

 

なので解決策としては、その場で聞くことですね。

「それって何なん?教えて!」

みたいな具合で。

 

で、その際のコツとしてはその場でスマホを使って検索してみること。

「ちょっと待って、今調べてみるわ!」

「あ、あった!これのこと?(スマホを見せながら)」

みたいな感じで相手の目の前で調べるとグッドです。

 

こうすることで共同作業感も出るので、距離も縮みますし共通の話題もできるしでメリットづくしです。

 

自分がよく知らない話題が出たらぜひ使ってみて下さい。

コミュ障はチーム戦ではなく個人戦で挑め

コミュ障の人が恋愛で戦うには環境もかなり重要です。

結論から言うとコミュ障の人は1on1の環境で口説いたほうがいいです。

 

逆に合コンなどの複数人同士でのチーム戦はなるべく避けるべきです。

チーム戦だとチームプレイとか、その場の空気を支配する能力とかも必要になるので、コミュ障の人だと若干ハードルが高いんですよね。

 

だからコミュ障の人はなるべく1on1の状況で口説くことをすすめます。

そういった意味ではネットで出会えるマッチングアプリはベストと言えますね。デートする際は必ず1対1になるわけですから。

 

少なくとも慣れるまではチーム戦はしないほうがベターですね。

あとは実践を繰り返すのみ

以上でノウハウ部分は終了となります。

あとは実践を繰り返すのみですが、最初のうちは上手くいかないことも多いと思います。

 

ですが、恋愛におけるコミュニケーションは慣れればすぐに上手くいくので、感覚掴むまで諦めずに練習してみて下さい。

なので、このページをブックマーク登録して何度でも見直せるように努力することをオススメします。

 

あとは周りにモテる人がいるなら、デート時の音声を聞いてもらって添削してもらうなどすれば成長も早くなるので覚えておいて損はないなかなと。

 

では長くなってしまいましたが、今回はこれで。

また!

【期間限定】
スパルタ恋愛講座開催中

ハラショー

よう、この記事を書いたハラショーだ。

なんだお前。

いくら俺の記事が素晴らしいからって、読んだだけでモテる気になってないか?

 

当たり前だが

ブログ記事読んだくらいじゃモテるようにならねーからな。

考えが甘すぎだ。

 

だからモテないんだよ。

 

とりあえずな、お前がモテない理由を「スパルタ恋愛講座」で教えてやるから登録しておけよ。

 

言っておくが、他の同業者は絶対に教えてくれない内容を多く含んでるからな。

参加して損はないぞ。

じゃあ、よろしくな!

【無料】スパルタ恋愛講座に参加する

最新情報をチェックしよう!
>【期間限定】スパルタ恋愛講座開催中

【期間限定】スパルタ恋愛講座開催中

CTR IMG