「オナ禁すればモテる」は本当か?実際に試した結果をもとに解説。

どうも、ハラショーです。

 

モテる方法を模索してる者であれば、一度は聞いたことがあるであろう「オナ禁するとモテる説」がありますよね。

わからない人のために説明すると、オナ禁とはオナニーを禁止することの略語です。

 

ただ、ネットを見てても意見が別れることが多くて、未だにオナ禁でモテる、モテない論争が繰り広げられてます。

昔は僕もこの手の話を聞いて、オナ禁を実践したこともあります。

 

さらに今はオナ禁についてもある程度調べて知識もついてきたので、僕の経験談も交えながら「オナ禁モテる説の真実」について触れていこうと思います。

オナ禁がモテると言われる理由

まずはおさらい。

なぜオナ禁がモテると言われてるかについて。

これを説明するのにはまずテストステロンというホルモンが大きく関係してきます。

 

テストステロンというのは、要は男性ホルモンの一種で、いわばモテホルモンとも言われています。

このテストステロンが高まることで顔つきや身体が男らしくなったり、性格が前向きになったりなどの効果が出てきます。

 

で、オナニーは基本的に、このテストステロンを減少させる行為なわけですね。

オナニーを禁ずることでテストステロンの減少を防ぎ、徐々に増加していきます。

 

オナ禁する → テストステロンが増える → モテる

というのが一般的にオナ禁するとモテると言われてる理由です。

 

さらにオナ禁を1ヶ月以上続けると「スーパーサイヤ人」と呼ばれる状態になるとも言うのも有名な話です。

 

・自信に溢れ、全能間を得られる
・女の方から寄ってくるようになり、何もしなくてもモテる
・短時間睡眠が余裕になる

といったような効果も出てくると言われてますね。

あとは単純にオナニーする時間を節約できるので、その分の時間を自分磨きに使えるという副次効果もあります・

 

知らない人からするとモテホルモンだの、スーパーサイヤ人だの聞くと怪しく見えることでしょうw

ですが、モテホルモンであるテストステロンを高めることでモテに大きく影響してくることは確かです。

実際に僕も体験しましたからね、これは間違いないです。

僕が3ヶ月間オナ禁した結果

それでは話を本題に移します。

オナ禁をすればモテるようになるか?って部分ですね。

 

確かにテストステロンを増やすことで、モテることは可能です。

なのでオナ禁して、テストステロンを上げてモテるのは一見理にかなってると言えます。

 

で、昔は僕も上記の話を聞いて3ヶ月ほどオナ禁したんですね。

その結果はと言うと・・・

 

ほとんど変化なし笑

 

身体的な変化も特になければ、モテることもありませんでした。

当然ながらスーパーサイヤ人状態のような超人効果を実感することもなかったですね笑

 

変化があったとすれば、せいぜい寝起きがよくなったくらいですかね笑

 

それ以外は悲しいほどに変化はなかったです。

オナ禁よりも重要なこと

オナ禁すればテストステロンも上がってモテるはずなのに、僕は全くもって効果はありませんでした。

相変わらず非モテなままです。

 

当時は「オナ禁でモテるなんてデマだ!」と内心憤慨したものです笑

 

でもTwitterとかブログとか見てると相変わらず

「オナ禁でこれだけモテるようになりました!」

みたいな発信をしてる人は多いわけですよ笑

 

長いことこの手の発信をしてる人は信用してなかったんですが、テストステロンのことについて深く学んだ今、僕がオナ禁しても大きな変化がなかった理由がわかってきました。

 

結論から言ってしまえば

「オナ禁だけで増やせるテストステロンには限界がある」

ということです。

 

どういうことか?

確かにオナ禁をすることで、テストステロンを増やすことは可能です。

ただ、それはもともと過剰にオナニーしてることによって、減少したテストステロンを元に戻していくニュアンスが強いです。

 

ある研究結果ではオナ禁すると徐々にテストステロンが増加するが、7日目でピークを迎え、それ以降は緩やかに減少していくというデータもあるくらいです。

 

バケツと水で例えるなら水がテストステロンで、オナ禁することで徐々に増えていきものの、7日過ぎたあたりでバケツから水が溢れ出て、それ以上バケツに水(テストステロン)が増えない。

そんなイメージです。

 

で、モテるためにはテストステロンを増やすことも重要なんですが、テストステロンを貯めるためのバケツ、いわば「器」自体を大きくする行為も必要になってきます。

器を大きくすれば、その分自分に蓄えられるテストステロンの総量も増えてきますから、その上でオナ禁すれば相乗効果でモテに繋がってきます。

 

具体的に何をすればいいかと言えば、代表的なのは筋トレですね。

ぶっちゃけ筋トレで増えるテストステロンとと、オナ禁で増えるテストステロンの量は段違いです。

 

実際僕自身もオナ禁だけでなく、筋トレをすることで顔つきも引き締まって男らしくなってきましたし、身体つきも良くなることで女性からの目線も変わってきました。

オナ禁でモテた!という人の正体

ちょっと話を戻しますが、ネットでもオナ禁○ヶ月続けてモテるようになりました!って人多いじゃないですか。

 

で、そういう人を何人か直接会ったり、ウォッチしたりしてわかったのですが、上記の発言してる人ってオナ禁だけしてモテるようになったわけではなく、筋トレやその他のテストステロンを増やす行為もセットで行ってるんですよね。

先ほど上げた筋トレはほぼマストで行ってますね。

 

あとは仕事で業績を上げたり、格闘技をやったり、可愛い女の子とデート、SEXするといった行為もテストステロンが爆上がりします。

逆にオナ禁だけしてモテるようになったという人は皆無でした。

 

結論を言ってしまうとオナ禁することによって増えたエネルギーや時間を何に充てるかで結果が決まるというわけですね。

ただオナ禁だけしてモテるようになるのを待ってるだけでは、現実は変わらないということです。

 

過去の僕がオナ禁しても全くモテなかったのは、本当にただオナ禁をしてる”だけ”の状態だったからです。

これではもはや、お祈りしてるだけのレベルと同じなわけですね。

指を加えて待ってるだけではモテるようにはなりません笑

 

僕としては「オナ禁+筋トレ」さらにマッチングアプリなどを活用して、女修行も同時に行うことが最速で結果出るのでオススメです。

 

多くの男がオナ禁だけでモテるようになるのを待ってる中で、さらに自分に不可をかけれるかがどうかですね。

もともとのテストステロン値によってオナ禁の効果も変わってくる

オナ禁だけじゃあまり効果がないという話をしておいてあれなんですが、オナ禁の効果はけっこう個人差が大きいという話も追加でしときます。

 

といのもですね、もともと持ってるテストステロンの量って、人によって大きく個人差があるんですよね。

 

例えばもともとテストステロンが100ある人は、一回オナニーしたところでそこまでダメージは大きくなかったとしても、もともと20しかない人がオナニーするとて、ただでさえ少ないテストステロンが更に減って枯渇してしまうわけです。

 

もともとのテストステロン値が低い人で、日頃からオナニーしてるという人は、オナ禁の効果は出やすい傾向にあります。

ただ、それでもモテるというレベルまで行くには、オナ禁だけでは厳しいですけどね。

 

ちなみに学生時代に運動部で陽キャ、クラスでも中心人物みたいな男子は、もともとテストステロン値が高い傾向にあります。

逆に隠キャでクラス内でも隅っこにいるような男子はテストステロン値が低い傾向にありますね。

 

ざっくりとした例えですが、もともと持ってるテストステロン値によってもオナ禁の効果は全然違ってくるというわけです。

 

実際、モテてる人でも普通にオナニーしてるって人も多いですからね。

こういう人も持ってるテストステロン値が高かったり、高めるためのトレーニングを行ってるから多少オナニーしたところで問題ないわけですね。

まとめ

最後に結論を言います。

 

オナ禁だけでモテるようになるのは難しい。

モテるようになりたければ、オナ禁にプラスして自分を高める努力をしろ

 

ってことですね。

 

というわけで今回は以上です。

 

では!

【期間限定】
スパルタ恋愛講座開催中

ハラショー

よう、この記事を書いたハラショーだ。

なんだお前。

いくら俺の記事が素晴らしいからって、読んだだけでモテる気になってないか?

 

当たり前だが

ブログ記事読んだくらいじゃモテるようにならねーからな。

考えが甘すぎだ。

 

だからモテないんだよ。

 

とりあえずな、お前がモテない理由を「スパルタ恋愛講座」で教えてやるから登録しておけよ。

 

言っておくが、他の同業者は絶対に教えてくれない内容を多く含んでるからな。

参加して損はないぞ。

じゃあ、よろしくな!

【無料】スパルタ恋愛講座に参加する

最新情報をチェックしよう!
>【期間限定】スパルタ恋愛講座開催中

【期間限定】スパルタ恋愛講座開催中

CTR IMG