マッチングアプリの写真撮影をプロに頼むだけでは効果がない理由と解決策

どうもハラショーです。

 

最近はマッチングアプリの写真を撮影するというサービスが増えてきてますよね。

その影響もあってか男性ユーザーを見てても、自撮り写真を上げてる人とか本当に少なくなりました。

 

おそらく大手の恋愛メディアがこぞって「マッチングアプリの写真はプロに依頼しましょう!」と発信してる影響が大きいんだと思います。

 

まぁそれ自体は別に悪くはないんですが、一方でプロに撮影してもらってもマッチングが改善しないケースも増えてきてます。

実際、僕のもとに相談に来られる人でも、上記に当てはまる人がけっこうな数でいます。

 

せっかくお金を投資して写真を撮ってもらったのに、結果がまるで出ないのは辛いものがありますよね。

 

かくいう僕自身もこれまでにけっこうな額を出してプロに撮ってもらいましたが、思うようにイイねが増えない時期が続いたことがありました。

なのでマッチングが増えない人の気持ちは痛いほど理解できます。

 

というわけで今回はプロに撮ってもあなたのマッチングが加速しない原因について掘り下げて解説していきます。

プロに依頼するだけでは差別化にならない

数年前まではイケてない自撮り写真を載せる人ばかりだったので、プロに撮影した写真を載せるだけで差をつけられました。

 

でも今は状況が変わってプロのカメラマンに撮影してもらうのが一般的になったので、されだけでは全く差別化にならないわけです。

 

これは実際、女性としてアプリに登録して男性アカウントを見ていればわかります。

明らかにカメラマンに撮ってもらったような綺麗な写真を載せてる男性がけっこうな数でいることがわかるはずです。

 

少し話が逸れますが、僕はよく会った女の子にマッチングアプリで実際に男を選んでる様子を見せてもらうんですね。

 

これがけっこう面白くてコンピュータ並みの速度で一瞬で男をスワイプしていくんですよw

中にはプロに撮ってもらったのであろう写真も多くあったのですが、そんなのお構いなしに弾いていきます。

一瞬で弾くので当然ながらプロフィールなんて見てもらえません。

 

耳を塞ぎたくなるような事実ですが

プロに撮ってもらったからと言ってマッチングできるわけではない

ということをまず知ってください。

 

いまだに「プロに撮ってもらえばマッチングが改善する」と勘違いしてる人が多いですが、全くそんなことありません。

 

プロのカメラマンは非モテの救世主ではないことをまず頭に刻んで下さい。

プロに撮影を依頼しても効果が出ない主な原因

ここからはプロに依頼してもマッチング改善しない原因の中で特に多いものをピックアップします。

原因その1:いかにも「撮ってもらいました感」が出ている

マッチングアプリの写真で重要なのは日常のシーンを切り取ったような写真なんですよね。

モデルみたいなポーズをして撮ってもらってる写真が多いのですが、

ぶっちゃけイケメンではない人がやっても効果は薄いです。

 

女の子って男性の写真を見た際に、どんなシーンで撮ったのかを想像するものなんです。

 

上記のようなポーズをとったわざとらしい写真だと女の子に

「わざわざアプリのために撮ってもらったのかな?笑」

と思われて非モテ感が出てしまいます。

 

要は「頑張っちゃってる感」が出てしまうわけです。

 

プロで写真の技術はあっても「マッチングできる写真」が何なのかを理解していないカメラマンが多いがために、こういう悲劇が生まれるのかな〜と個人的に予想してます。

 

対策方法としてはカメラマンを選ぶ際に、なるべく現役でマッチングアプリを使ってる人に頼むことですね。

マッチングアプリを使ってる人であれば、肌感覚でどんな写真が女性からウケるかを理解してます。

 

逆にここをわかっていないカメラマンに依頼しちゃうと、非モテ全開な写真が出来上がってしまうので要注意です。

原因その2:カメラマンの選定ロケーションが微妙すぎる

これは先ほどの「いかにも撮ってもらいました感」にも繋がる話なんですが、カメラマンが撮影のロケーション、シチュエーションに気を配れていないというのも要因の一つにあります。

 

これだけだと何のこっちゃかわからない人も多いと思いますので少し説明します。

 

先ほども少し話しましたが、女性は男性の写真を見た際に、どんなシーンで撮ったのかを想像するものです。

例えば

・デートの時に撮ってもらった写真なのか?
・それとも友達と遊んでる時の写真なのか?
・スーツなら仕事の時の写真なのか?

などなど、あらゆるシチュエーションを無意識に想像するものなんです。

 

簡単に言ってしまえばプライベートが充実してるのかどうか、というのを写真から読み取ってるんです。

 

で、イケてないカメラマンだとその辺のことがわかってないので、選定ロケーションをミスってるケースが多いです。

 

極端な例で言えば、カジュアルな服装なのにオフィス街で撮影しちゃったり、スーツ姿に公園で撮っちゃったり・・・

要はシチュエーションを意識できてないばかりに不自然な写真ができたり、宣材写真みたいな出来栄えになったりするケースが後を絶ちません。

 

マッチングアプリで求められてる写真って、日常を切り取ったような写真なんですよ。

イメージとしてはこんな感じですね。

何となくイメージは掴めますかね?

スマホをいじってるシーンとか、カフェでお茶してるシーンとか、ふとした瞬間に撮られたような写真がウケるわけです。

 

後は高級ホテルのラウンジや、オープンテラスのカフェなども撮影ロケーションとしては最適ですね。

簡単に非日常感を演出できるので、オススメです。

 

撮影するカメラマンがこの辺を意識できてればいいですが、そうでない場合。自分からカメラマンに要望出すことも視野に入れておいたほうがいいと思います。

 

カメラマンに要望を出す場合、インスタなどから写真を引っ張り出してイメージを共有しておくことでミスマッチを防ぐことができます。

原因その3:そもそも被写体本人がイケていない

3つ目は撮られる側の問題ですね。

いくらカメラマンの技術が高くても撮られる側である被写体本人の見た目がイケてなければマッチングは難しいです。

 

酷な言い方をすれば「写真を撮る前にやるべきことをやれ」的な状態の人ですね。

 

こう言うとやっぱりイケメンじゃないとダメなのか!と思われるかもしれませんが、顔の問題ではないんですよね。

 

女の子は男を顔だけで選んでるのではなく、全体の雰囲気で選んでます。(例外はありますがw)

 

なので顔はさして問題ないのですが、雰囲気がイケてるかどうかが重要です。

ここで引っかかってる人は普段から自分の見た目に対して無頓着なケースが多いです。

 

まずは自分の見た目に気を配りましょう。

 

「自分は見た目には気を配ってるから大丈夫」という人も要注意です。

経験上、そういう人ほど女性から見て足切りラインを超えられていないことが多いです。

 

具体的な方法については下記の記事で紹介してるので参考にしてみてください。

関連記事

[adcode] いきなりだが、お前はイケメンか?   俺はぶっちゃけ、全くもってイケメンではない。 むしろ某ブサイクお笑い芸人に似てると言われたこともくらいだw これだけでもお察しレベルであることがわかるだろうw &[…]

原因その4:表情がかたい

こちらも撮られる側の問題ですね。

表情がかたいと真顔に写ってしまいがちです。

 

ぶっちゃけマッチングアプリで真顔の写真はウケが悪いです。イケメンは例外ですがw

笑顔の写真のほうが間違いなくウケます。

 

知人のカメラマンに聞いた話なのですが

モデルをやってるイケメンの人でも、真顔で撮ると実物より2〜3割ほど落ちるそうです。

 

なので、非イケメンの人が真顔で撮ったら

悲惨なことになるのはすぐに想像つくと思いますw

 

とは言っても、表情がかたい人ってなかなか笑顔を上手くつくれないんですよね。

自分もそうなんでよくわかりますw

 

なので対策方法としては、日頃から笑顔の練習をしておくことです。

 

表情が固い人は少々オーバー気味に口角をあげましょう。

イメージ的にはワンピースのルフィをイメージしてもらえばわかりやすいでしょう。

 

それでも上手くいかないって人はちょっと無理やりですが

撮ってくれてる人が自分の好きなAV女優だと想像してくださいw

 

顔がニヤける!と思うかもしれませんが、

表情が硬い人はニヤけてるくらいが実は丁度よかったりするんですよねw

原因その5:単に盛れていない

綺麗ごと抜きで話すと、より多くマッチングするなら実物より多少盛れたほうがいいです(盛りすぎはダメですがw)

 

イケメンの人なら問題ないのですが、そうでない人はありのままの姿を写すだけじゃ厳しい傾向にあります。

 

自撮りなら盛りやすいんですけど、他撮りだと限界があるんですよね。

だからと言ってSNOWなどの加工アプリを使ったら一発退場もんですしねw

 

対処法として気をつけたいのが撮る際に真っ正面から撮らないことです。

 

やはりイケメンじゃない人が真っ正面から撮っても微妙に写ってしまうケースが多いんでよね。

 

なので撮るなら斜めの角度もしくは真横から撮ることをオススメします。

そのうえで腕のいいカメラマンに撮ってもらうのがベストです。

 

あと写真加工も必須です。

加工することで見栄えも全然違ってきますので。

 

写真加工はカメラマンの人がやってくれるケースも多いですが自分で加工する方法も知っておいて損はないです。

その際にオススメの加工アプは「BeautyPlus」ですね。

 

あまり加工しすぎると会った際にガッカリされるもとになるので、バレない程度に加工するのが無難です。

まとめ

というわけで最後にまとめます。

まず最初に心に留めておきたいのが

・プロに依頼するだけでは差別化にならない
・プロに撮ってもらったからと言って、必ずしもマッチングが改善するわけではない

ということ。

 

そして撮ってもらう前に

・自分自身の見た目を改善しておく
・表情がかたい人は笑顔の練習をする

は最低限行う。

 

さらに撮ってもらう際は

・女性目線で撮ってくれる人かつ、マッチングアプリに精通してる人に依頼する
・ロケーション、シチュエーションを意識する
・笑顔を忘れない
・真っ正面から撮るのを避ける
・最低限の加工は行う

って感じです。

それでは!

【期間限定】
スパルタ恋愛講座開催中

ハラショー

よう、この記事を書いたハラショーだ。

なんだお前。

いくら俺の記事が素晴らしいからって、読んだだけでモテる気になってないか?

 

当たり前だが

ブログ記事読んだくらいじゃモテるようにならねーからな。

考えが甘すぎだ。

 

だからモテないんだよ。

 

とりあえずな、お前がモテない理由を「スパルタ恋愛講座」で教えてやるから登録しておけよ。

 

言っておくが、他の同業者は絶対に教えてくれない内容を多く含んでるからな。

参加して損はないぞ。

じゃあ、よろしくな!

【無料】スパルタ恋愛講座に参加する

最新情報をチェックしよう!
>【期間限定】スパルタ恋愛講座開催中

【期間限定】スパルタ恋愛講座開催中

CTR IMG