恋愛コラムが全く当てにならない理由を恋愛コンサルタントが解説する

やぁ非モテの諸君、ハラショーだ。

 

「モテるためにはどうすればいいか?」と考えた時、ネットで検索して恋愛サイトの情報を見たりするだろ?

ってか、この記事もひょっとしたら検索して見つけたのかもしれないしな笑

 

お前も知ってのとおり、今は膨大な数の恋愛サイトが存在してる。

大手が運営してるWEBメディアから、俺みたいな個人ブログも含めると、それこそ星の数ほどある。

 

俺も死ぬほどモテなかった頃、必死に恋愛メディアの情報をあさっては勉強してたな。

今と違って昔はYouTubeないし、SNSも大して普及してなかったから、恋愛を学ぶ手段はけっこう限られていた。

恋愛サイトを見るか、書籍を見るか、もしくは怪しい商材を買うくらいしか方法がなかったわけw

金がなかった当時の俺は必死にサイトに書かれてる情報を読み漁っては実践・・・を繰り返していた。

 

で、その結果はと言うと、全くもってモテないまま笑

 

結局そのまま30代に突入してしまい、20代のうちに彼女がいた期間はほんのわずか。

20代という青春とも言える期間の大半が独り身で過ごす羽目になった。

 

そして時が経ち、人より恋愛経験を重ねて来た今、ハッキリと感じるのは

「恋愛サイトのノウハウはあまり当てにならない」ということだ。

というか、見ない方がマシなレベル。

 

これに気づいたのは「恋愛サイト運営側の裏側」と「恋愛の本質」を知ったからだな。

一個ずつ詳しく解説していくな。

理由その1:運営側とユーザー側の目的に乖離(かいり)があるから

そもそもなぜ企業、もしくは個人が恋愛サイト運営するのか?

まぁざっくり言えば、広告収入を得るためだな。

恋愛に関する正しい情報を流すことよりも、広告収入を得るために運営してるから、読者がモテるかどうかは二の次だということだ。

 

・アクセスをどう増やすか
・紹介してる商品が売れるかどうか

これが全てだ。

 

一番わかりやすい例で言えば、最近だとマッチングアプリをランキング形式で紹介してるサイトが多いよな。

あれもぶっちゃけユーザー評価うんぬんよりも、売れやすいアプリをTOPに上げてるだけにすぎないんだよ。

 

特に大手の恋愛メディアだとアプリ運営会社が直接絡んでるケースも多いから、なおさら当てにならんわけよ。

 

まぁ俺は恋愛メディアの運営体制をそのものを否定したいのではなく

運営側とユーザー側の目的に乖離(かいり)があるということを伝えたいわけだ。

 

ユーザー側はモテるためにサイトを見るが、サイト側は広告収益が目的。

全くもって利害が一致してないよな?

 

だから恋愛サイトの情報を鵜呑みにしていても昔の僕みたいに遠回りする可能性が高いということだ。

理由その2:恋愛素人のライターが書いてるケースが多いから

あと最近多いのが、運営コストを下げるために、安い報酬でライターを囲ってることも珍しくない。

 

こうなると恋愛に関してズブの素人である人が、恋愛サイトの記事を書いてるケースもザラに出ててくる。

 

「○○をすると女性に喜ばれる」
「○○な男性は女性から好かれる」
「モテる男はこういう人」

的な情報が多いわけだが、この手の情報も記事を書いてるライターが実体験をもとに書いてるケースは全体で見ればかなり少ない。

 

ほとんどがその辺にある恋愛ノウハウを適当に加工してインスタントに記事を量産してるにすぎないんだよ。

 

大手メディアともなると、更新頻度も命になるから、どうしても記事を早く書くことが要求されるわけだ。

だからこそ企業は簡単に記事を上げるスキームをつくって大量に記事を量産しているということ。

 

そもそも先ほど話したとおり、恋愛サイトの広告収益が目的の場合、あまり本質的なことをサイトに書いてもアクセスが集まりにくいのが実情なんだよ。

なるべくユーザーが興味を持ってもらうため、娯楽向けに情報を加工してることが多いわけです。

 

俺のブログが大してアクセスないのも、この辺が理由だなw

良くも悪くも一般ウケする内容じゃないから。

恋愛の本質と事実しか書かないからな。

だからこのブログは真剣度が高い人にしか基本読まれない。

 

まぁお前がどんなサイトを見るかはお前の自由だけど

本当にモテたいと思うなら、恋愛素人が書いてる記事を読んだところで現実は変わらないからな。

 

モテない奴のアドバイスを聞いてもモテるようにならないのと一緒だ。

理由その3:ノウハウをつまみ食いしてるだけだから

あともう一つ、恋愛サイトでモテない理由として「ノウハウを掻い摘んで見ているから」というのもあるな。

例えば

・女性から返信がくるLINE術
・女性の恋愛心理
・女性からウケるファッション
・女性からモテるコミュニケーション術

などなど

 

恋愛サイトはそれぞれノウハウごとに独立して記事ページが存在していることがほとんどだよな。

で、大半のユーザーはこれらのページの一つや二つを読んだだけで終わることがほとんどだ。

 

でも恋愛を教えてる俺から言わせてもらうと「恋愛は総合科目」なんだよ。

どれかの科目が100点だったとしても、その他が赤点ではモテるようにならんわけけ。

学生時代の中間テスト、期末テストと似たような感じだな。

 

恋愛で言うならLINEだけ上手くなってもモテないし、コミュニケーションをマスターしたからと言ってモテるわけではない。

なぜなら他にも重要な「科目」があるから。

 

だいたいこの手のパターンにハマってしまうのは「○○をすればモテる」という発想が心のどこかにあるから上手くいかないわけ。

 

大切なのは一貫して学ぶこと。

 

例えばファション、心理学、コミュニケーション、LINEなど、恋愛に必要な科目の一つ一つが、何のために、どこに向かって学ぶのかを理解したうえで実践するのが重要なんだよ。

 

でないと「Aさんは○○と言ってたけど、Bさんは△△と言ってる」けど、どちらが正しいの?みたいな状態になって、結局中途半端なままで気づいたらノウハウコレクターになって終了だから。

 

これ、けっこう恋愛初心者あるあるなんだよ。

だからオススメなのは、1人の人から一貫して学ぶことだな。

 

色んなサイト、色んな人のノウハウを掻い摘んでるだけだと、いつまで経っても点と点が結びつかず、線にならない。

モテるためには、それぞれのノウハウが導線になるようにしていかないと成果が出にくい。

これまで100人以上に恋愛指導してきた中で出た結論だ。

 

だからこそ、モテる人1人から一貫して学ぶほうが効率がいいし、結果も出やすくなるわけ。

一つ注意点としては、教わる人間違えると遠回りになってしまうケースもあることだ。

最近は恋愛を教える人も増えてきたから、なおさら選ぶのが難しいと思うんだよな。

 

まぁこの辺りは長くなるから、別の機会に話すわ。

結論:俺のブログ以外は見なくてよしw

「けっきょく自分の宣伝がしたいだけかっ!」

って声が聞こえてきそうだが、半分正解だw

 

まぁそれは冗談だが、恋愛サイトでモテ情報を収集するのはオススメできないのはガチ。

理由は先ほども話したとおり

  • サイト運営側とユーザー側とで目的が大きく乖離してること
  • そもそも恋愛素人のライターが書いてるケースが大半だということ
  • いろんなサイト、ブログの情報をつまみ食いしてるだけではモテないということ

この3点に集約されるわけだ。

 

ぶっちゃけお前が必死に検索して調べれば調べるほど、非モテになっていくと思ったほうがいい。

だからこそ情報源はしっかり精査して絞るべきなんだよ。

 

色々と調べたお前は、俺のブログが他のサイトとは違うことを何となく感じてくれてるだろう。(感じてなかったらショックだがw)

 

他と違う理由の一つとしては、俺がポジショントーク抜きで真実を話してることが上げられるな。

 

俺もWEBメディアをいくつか運営したことがあるからわかるけど

アクセスを増やしたり、何か商品を売ろうと思ったら、都合の悪いことは一切話さないのが基本なわけだよ。

恋愛系のサイトも同じだ。

 

でも俺はそれだと非モテから脱却することは不可能だと思ってるから、敢えて不都合なことも話すし、言葉をオブラートにして誤魔化すこともしてないわけだ。

 

まぁ最終的にお前が何を選ぶかはお前の自由だが、今回俺が話したことを頭に入れるだけでも失敗する確率はだいぶ減ると思うぞ。

 

もっと詳しく知りたいのであれば俺のLINE講座に登録しといてな。

無料で体系的に学べるし、解除もいつでも可能だ。

 

そんじゃ今回は以上!

【期間限定】
スパルタ恋愛講座開催中

ハラショー

よう、この記事を書いたハラショーだ。

なんだお前。

いくら俺の記事が素晴らしいからって、読んだだけでモテる気になってないか?

 

当たり前だが

ブログ記事読んだくらいじゃモテるようにならねーからな。

考えが甘すぎだ。

 

だからモテないんだよ。

 

とりあえずな、お前がモテない理由を「スパルタ恋愛講座」で教えてやるから登録しておけよ。

 

言っておくが、他の同業者は絶対に教えてくれない内容を多く含んでるからな。

参加して損はないぞ。

じゃあ、よろしくな!

【無料】スパルタ恋愛講座に参加する

最新情報をチェックしよう!
>【期間限定】スパルタ恋愛講座開催中

【期間限定】スパルタ恋愛講座開催中

CTR IMG